大学全入時代を控えて

中央教育審議会は2005年7月、

「大学全入時代」が従来の予想より2年早く、2007年度に到来する」 と発表した。

少子化と大学志願率の頭打ちで 大学・短大の進学希望者数と大学の合格者総数が2007年度に同じになると試算している。

その予測に先立ち、2006年春、4年制私立大学のうち40%の大学で定員割れが起こり、短大では半分以上の大学で定員割れが起こっている。

産経新聞 06/7/25

私大定員割れ40% 今春 地域・規模 進む二極化 

今春の入試で、入学者が定員に満たなかった4年制私立大学の割合が前年度の29・5%から40・4%に急増し、過去最高となったことが、日本私立学校 振興・共済事業団の調べで分かった。

542校中160校(29.5%)が定員割れした前年度から62校も増加した。

定員割れ率は99年度に10%を突破。00年度から30%前後をたどり、今年 度初めて4割を超えた。

また、定員の5割にも満たない学校は前年度から3校増えて20校(3.6%) となった。   しかし、入学定員3000人以上のマンモス大学(23校)だけを見ると、志願 倍率は10倍を超え、志願者数も約5万人増加。全体の約4%のマンモス大で志 願者全体の約45%を占めている状況だ。

学生数の規模や地域における人気の格差は拡大。中規模以下の大学の定員充足率 が大幅に悪化する半面、大規模大学はあまり変動がなかった。

定員割れが常態化している大学と志願倍率が10倍を越える大学。 全体の4%のマンモス大学が志願者全体の45%を占める状況。

まさに今の世の中で言われる「富める者とそうでない者」という二極化、わかりやすく言えば、「勝ち組と負け組」が大学の志願状況にも表れているといえそうです。

のちの詳しく掲載していきますが、2006年高校別東大合格者数の20位までのうち、公立高校は3校、国立が3校、私立は17校という結果が出ました。東大のみならず、難関大学への合格者は私立の中高一貫校の一人勝ち状態。

これが公立の中高一貫校が全国でものすごい勢いで設立されている今を取り巻く風景である。

「大学全入時代」と「中高一貫」ブーム。私立中高一貫校の難関校独占。

今の子供たちには、どんな未来が待ち受けているのか。

雨後の竹の子のごとく設立される「公立中高一貫校」を軸にこれから一緒に考えていきましょう。

 

公立中高一貫校の過去問が発売されました!

公立中高一貫校適性検査問題集・全国版 (2012年度受験用)

公立中高一貫校適性検査問題集・全国版 (2011年度受験用)

公立の中高一貫校の入試問題ってなかなかお目にかかることがありません。そんな公立中高一貫校適性検査問題集がみくに出版より発売されました!収録校数も81校と昨年よりさらにパワーアップしています。
※みくに出版とは、日能研グループです

  「中学受験の塾疲れが心配です」という相談

  「算数の応用問題が苦手です」という相談

 

なんとかしたいという方にオススメです

→ 中学受験・高校受験の親技

親のがんばりで子供の成績を上げる「親技」。無料メルマガで親技を伝授してくれてます!ストロング宮迫氏のテンションの高さにはご注意を(笑)

  落ちこぼれから大逆転する勉強法とは?

  「テストの点数が悪い、合否判定が悪い」と悩むお母さんからの相談

 

公立中高一貫校の傾向その1

まずは東京の中高一貫校である九段中等教育学校の適性検査の問題を見てみましょう。

九段中等教育学校H18年適性検査2
 → 九段中等教育学校の問題1


九段中等教育学校H19年適性検査1
 → 九段中等教育学校の問題2

いかがでしょうか。各学校がそれぞれ工夫して「知識」そのものを聞く問題ではなく、「なぜそうなるのか」という問題を出題しています。九段中等教育学校もまさにそういう問題になっています。

ベネッセの教育開発センターの主席研究員鎌田恵太郎氏によれば、2005年度の公立中高一貫校の入試を精査し、問題を解く際に必要な知識・理解がどの教科と関連があるかを調べたところ、

  国語19.2%
  社会15.1%
  算数22.9%
  理科14.6%
  家庭科/図工2.2%
  道徳1.8%
  特別活動7.8%
  総合的な学習時間16.1%

となっているそうです。各教科満遍なく配置されていることは、この数値によってよくわかるのですが、目を見張るのが「総合的な学習」から16%近くの出題がなされているということ。単なる知識の集積としての解答ではなく、資料や図や写真から読み取ったり、身のまわりの自然の「なぜ?」を適性検査では問われているわけです。こういった問題には付け焼刃の知識では解答できません。ありきたりですが、普段から身のまわりのことに関心を持ち、好奇心を持って「なぜ?」を考えていく。ある意味では小さい頃からの家庭環境が問われていると言ってもいいでしょう。

全国で公立一貫校がどんどん設立され、適性問題が蓄積されていくにつれて、その問題の傾向と対策が分析されていくことでしょうが、出題された問題への「対策としての勉強」では次々に出てくる新種の問題には対応できないと思われますから、普段からの過ごし方がとても大事になってくるでしょう。

また、ゆとり教育の中で、ややもてあまし気味の扱いを受けていた「総合的な学習」の時間も、公立中高一貫校の出現によって、もっと見直されていくはずです。「総合的な学習」の時間で、調べ、自分の意見をまとめ、発表するという一連の作業が適性試験そのものとして20%近くも出題されているのですから。

なにかの問題に対処するのではなく、身のまわりにあることにまずは取り組んで、「なぜそうなるのか?」「どうして?」などを子供と共に知る作業が公立中高一貫校のもっとも有効な対策と言えるでしょう。

 → 九段中等教育学校 適性検査問題 過去問

 

公立中高一貫校の傾向その2

引き続いて、公立一貫校の入試問題を見ていただきましょう。ここで取り上げる問題はもっとも公立中高一貫校らしい問題といえるでしょう。最初に取り上げたのは、バーコードの問題です。身のまわりにある、また学校などでも頻繁に取り上げられるテーマでもあるでしょう。

平成19年度 沼津市立沼津高等学校中等部入学者選抜考査 総合適性検査問題Ⅰ 問題B

 → 沼津市立沼津高等学校中等部の問題1

ここでは自分の意見を述べ、かつ答えにたどりつくまでの道筋を考えさせる問題が組み合わされています。この問題は覆面算とも呼ばれ、その意味するところを読み取る数学的なセンスが求められます。公立中高一貫校では、この手の問題が多く出題されています。また、なぜそうなるのかを説明させる問題もよく出題されます。

もう1つは、平成18年度 沼津市立沼津高等学校中等部入学者選抜考査   総合適性検査問題Ⅰ

 → 沼津市立沼津高等学校中等部の問題2

この手の資料を読み取る問題も非常によく出題されます。一番出題頻度が高いのは食料の自給と輸入のグラフですが、あらゆることが問題にできるわけですから、こだわることなく、この手の問題には多く接していくことが大事です。公立中高一貫校において、対策として、もっとも取り組み安い種類の問題であることも知っておいたらいいでしょう。余談ですが、こういう問題は、公立高校の社会の問題でも全国で毎年一題は出題されるといってもいい問題です。もし、やってみようという問題がないようなら、公立高校の社会の入試問題を手にとって、見てみてください。中学3年生が受ける入試問題ですが、題材として取り扱われている資料や図などは公立中高一貫校の対策としても十分使用できます。

 → 沼津市立沼津高等学校中等部入学者選抜考査問題

 

  「勉強に関して競争心がない」というお母さんからの相談

  親子の信頼関係について考える

 

公立中高一貫校について

公立中高一貫校の入試

設立の背景と現状

全国の公立中高一貫校

  北海道  青森県  岩手県  宮城県
  秋田県  山形県  福島県  茨城県

  東京都  埼玉県  千葉県  神奈川県
  群馬県  栃木県  山梨県  新潟県

  愛知県  静岡県  岐阜県  三重県
  長野県  富山県  石川県  福井県

  大阪府  兵庫県  京都府  滋賀県
  奈良県  和歌山県

  岡山県  広島県  島根県  鳥取県
  山口県

  徳島県  香川県  愛媛県  高知県

  福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県
  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県

運営者

中高一貫校ニュース

 

最近の記事

Copyright © 2006-2012 中高一貫校ナビ All rights reserved